笑顔が素敵な子どもたちに

笑顔が素敵な子どもたちに

こんにちは

NE運命解析学士の小島やえこです

 

今日は 「子どもの日 端午の節句」

ですね

 

お子さんの健やかな成長 

幸福を願ってお祝いする日です

 

子どもたち一人ひとりが

自分らしく伸び伸びと 

本来の生き方が出来ることを

祈っています

 

NE運命解析学では 今は過渡期であり

昼の時代の文明へ完全に

切り替わる時期は 私たち人類の

目覚めにかかっていると言われています

 

 

そのためには 昼の人種として

生まれている人々が早く目覚めて

自分のやるべき魂の

目的に沿って行動すること!!

 

特に 今の子どもたちや若者は

昼の魂を持つ昼の人種が多い

と言われています

 

 

だから彼らが担っている役割を

まっとうできるよう 親や大人たちが

意識を変えていく必要性も出てきます

 

子どもが 昼の人種の性質のままに

今を生きていると 今までの夜の社会の

枠組みに入らないので

ADHDなどの発達障害とレッテル

を貼られたり ウツと診断されたり

しまうことも・・・

 

 

そして

今までの夜の時代の価値観や

世の中の仕組みに適合しないので 

 

親は 良かれと思い子どもに

夜の時代へと逆戻りの軌道修正を

かけてしまいます 

(みんなと一緒がいいといった

一方向性社会に)

 

親の夜の時代の価値観で

子どもを夜の時代に

適合させようとして親子関係が

こじれてしまったり・・・

 

でも親が気づいて理解していくことで

親子間での亀裂も回避して

子どもも伸び伸びと

笑顔で自分らしく成長していけます

 

例えば

「自分のこどもは 昼の人種として

新しい時代の文明を

築いていく人間なんだ」

 

 

「夜の時代にどっぷり浸かって

生きている親が 

昼の時代の感覚や価値観

感性を学ばせてもらうため

子どものほうがすでに大人の魂を

持った”先生”として

生まれてきているのだ」

 

このような認識で 昼の時代に役割を

もって生まれている人を理解していく

ことも解決策のひとつです

 

 

子どもたち一人ひとり

大切な存在を

 

親や大人たちが新しい時代にあった

意識であたたかく見守って

いきたいですね

 

お読み頂きまして

ありがとうございます